2021/12/04 

WEBデザイン・制作で使用する基本用語集!

本記事のテーマ

本記事ではWEBデザイン・制作で使用する用語を紹介します。

CTA (Call To Action)

日本語では「行動喚起」と訳されます。Web上のユーザーに行動を喚起させるするためのテキストや画像に対して使われている用語です。

CV (conversion)

CVとはコンバージョンのことです。
直訳すると、「変換」「転換」「転化」といった意味ですが、マーケティングの分野では、Webサイトにおける最終的な成果のことを指します。
マーケティング担当者にとっては、コンバージョンをより効率的に獲得し、最大化することがミッションともいえるでしょう。

CVR(Conversion Rate)

CVRとは、CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、Webサイトへのアクセス数(ページビュー、またはユニークユーザー数)のうち、コンバージョン(商品購入や資料請求など、会員登録など)に至った割合です。

EFO (Entry Form Optimization)

LPの申し込みフォームや問い合わせフォームなどを表示させたユーザーには、購入などアクションを起こす意思があると考えられます。
しかし、入力が面倒で途中でやめてしまう人は少なくありません。ここでの離脱を防ぐための対策を指します。

LP (Landing Page)

ランディングページ(Landing Page)とは、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことです。
訪問者がホームページに着地する(land)イメージからこの名前がつきました。略してLPとも呼ばれます。

LPO (Landing Page Optimization)

LPOとは、このLPをユーザーのニーズに合わせて最適化し、ページのCVR(コンバージョンレート=成約率)を上げるマーケティング手法のことを指します。「Landing Page Optimization」の略語であり、日本では、「ランディングページ最適化」と訳されています。

SEO(Search Engine Optimization)

SEOとは、検索エンジンを使ったマーケティング戦略のひとつです。
Googleなどの自然検索結果で自社のページが表示されることにより、サービスや商品を知らないユーザーがページを見て検討する機会を創出します。

UI (User Interface)

ユーザーの目に触れ、使用する部分の総称です。ユーザーの視覚的に触れるすべての情報がUIとなります。

UX (User Experience)

体験、経験を意味し、製品やサービスを通して得られる体験のことを言います。
例:注文したら商品が届く、電話番号をタップすると電話をかけられる等

パララックス (parallax)

パララックスデザインとは、Webサイトに立体感や遠近感、高いデザイン性を持たせるデザイン表現です。
Parallax(パララックス)とは日本語で「視差」という意味になります。Webデザインでは、画面をスクロールするのに併せて、各要素のスピード感を変えたり、配置を変化させたりすることが可能です。

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ



プロフィール

運営者 HONDA

福島県出身、在住

広告

このブログで契約しているレンタルサーバです。