2022/09/23 

WordPressでよく使う関数

私は、WordPressで自分でコードを編集してカスタマイズしたいなと思っていろいろ試しています。その中で、実際試して、これは使えるという関数をこの記事で記載します。

the_title

現在の投稿のタイトルを表示、あるいは返します。必ずループの中で使用してください。

記述

the_title( $before, $after, $echo );

パラメータ

$before
(文字列) (オプション) タイトルの前に置くテキスト
初期値: なし
$after
(文字列) (オプション) タイトルの後ろに置くテキスト
初期値: なし
$echo
(真偽値) (オプション) タイトルを表示(TRUE)または返します(FALSE)。
初期値: TRUE

使い方

<?php the_title( '<h3>', '</h3>' ); ?>

get_the_time

現在の投稿(または指定された投稿)の時刻を PHP で使えるように返します。

記述

get_the_time( $format, $post );

パラメータ

format
(文字列) (オプション) 時刻の書式。指定できる書式は 日付と時刻の書式 を見てください。WordPress はプログラミング言語 PHP で書かれており、WordPress の日付・時刻フォーマット関数は PHP に組み込まれている同種の関数を使っています。
初期値: 管理画面 » 設定 » 一般 » 時刻フォーマット
post
(整数 | オブジェクト) (オプション) 投稿 ID または投稿オブジェクト。
初期値: null(グローバル変数 $post が示す現在の投稿)

使い方

$ptime = get_the_time('Y年m月d日');

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ



プロフィール

運営者 HONDA

福島県出身、在住

広告

このブログで契約しているレンタルサーバです。